会社案内

ConSouについて

イメージ:今日も、いい日だ。毎日に、いい飛騨。 飛騨高山の味を極め、笑顔集う食卓へ贈りたい。「ConSou」は、その夢を叶えるため産まれた産地連携ブランドです。

ブランド名称・ロゴマーク

「探し求めていた贈りもの」という思いを込めた造語。
プレミアムな価値を持つギフトブランドコンセプトを表現

Conclusion(探し求めていた)+Souvenir(お土産・記念品・思い出)

ConSouブランドポリシー

雄大な自然が育んだ贅沢素材を使用

山と森に囲まれ、清らかな水が流れる飛騨高山。
豊かな大地と水に囲まれた土地の素材を贅沢に使用しました。

素材を知りつくす生産農家と一緒にレシピを開発

素材の生みの親である農家との二人三脚で、美味しさを最大限に引きだすレシピを開発しました。

“手しごと”製法にこだわり、やさしい味わいを実現

機械作業に頼らない丁寧な製法。人の手が生み出すやさしい味わいにこだわっています。

飛騨が誇るブランド果実「飛騨りんご」

イメージ:蜜入り飛騨りんご

岐阜県北部に位置する飛騨は、乗鞍岳をはじめとする飛騨山脈や御岳、白山連峰に囲まれた中山間地域。そのため昼夜の寒暖差が激しく、高糖度で、実のしまった高品質なしんごを生産することができます。「ConSou」で使用するのは、飛騨りんごの中でも特に蜜入りとして有名なサンふじ品種のみを使用。

飛騨が絶対の自信を持って贈る、やさしい自然の味わいをどうぞご堪能ください。

※ConSouで使用する飛騨りんごの果樹園は、減農薬による栽培で環境保全型農業推進コンクールで農林水産省大臣賞を受賞しています。

代表取締役社長 新谷尚樹 プロフィール

イメージ:飛騨みどり舎 代表取締役社長 新谷尚樹

昭和30年(1955年)1月20日生まれ

昭和52年(1977年)名古屋大学工学部卒業、大手建設会社にて技術職として勤務後、昭和60年(1985年)岐阜県高山市にある、高山グリーンホテル入社。仕入、宴会、レストラン、売店などホテル業務の現場経験を積み、平成11年(1999年)代表取締役社長に就任する。

社長在任の13年間には、ホテル敷地内にある飛騨物産館(約400坪)を「髙山おみやげ商店街」としてリニューアルオープンさせ、地域の商品加工会社、伝統工芸品製造会社、農家などと連携した商品や農産物などの販売により、伸び悩んでいた物産館の売上げを約7億円の実績を誇るまでに成長させた。また、地域食材を中心としたバイキングレストランの開業や、高山らしさを演出した温泉入浴施設、天領閣別邸などを新設し、高山グリーンホテルの売上利益を上げる経営手腕を発揮するとともに飛騨高山の観光客の増加や地域資源の活性化にも大きく

貢献し、これらの実績が多くの方から認められている。

平成8年(1996年)からは、飛騨高山観光協会理事など数多くの要職を歴任。平成16年(2004年)には高山商工会議所副会頭に就任し3期9年間務める。この間に観光業界、産業界、岐阜県、高山市などの行政関係者などに広く人脈を保有することができ、過去の経験やネットワークを使って「地域への恩返しをしたい」という思いから平成25年(2013年)に株式会社飛騨みどり舎を創業。

飛騨高山の地域資源を活用して、土産品、特産品の地元販売の枠を越えて東京を中心とする首都圏で販売できる商品を開発し、地域活性化に貢献したいと「岐阜県地域活性化(農商工連携)ファンド事業」の支援を受けて「ConSou」ブランドを立ち上げ飛騨高山の味を極めた、産地連携の商品開発を進めている。

会社概要

会社概要
会社名 株式会社 飛騨みどり舎
代表 代表取締役社長 新谷尚樹
本社 〒506-0053 岐阜県高山市昭和町1-160-3
TEL:0577-35-5550 / FAX:050-3383-4786
東京営業所 〒102-0081 東京都千代田区四番町2-4-1005
TEL:03-3263-0710 / FAX:050-3383-4786
E-MAIL info@hida-midoriya.com
URL http://hida-midoriya.com

出荷センター

出荷センター
会社名 株式会社飛騨みどり舎出荷センター
住所 〒506-0031
岐阜県高山市西之一色3-8
株式会社飛騨山味屋内
TEL 0577-34-4666
FAX 0577-34-8221
担当者名 長岡 俊輔(株式会社飛騨山味屋:代表取締役)
E-MAIL office@akakabura.com
担当者携帯番号 090-5876-7399